忍者ブログ

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

乳腺に関わる他の病気には、乳腺腺腫、乳腺繊維腫、乳腺嚢胞、乳がんなどがあるそうですが最終的に乳腺症であった場合には、特別な治療を必要としないということで、診断後、他の病気とは治療にかなり差があるようです。

原因として言われていることは、ホルモンバランスの崩れによりおきるということや、毎回の生理時の妊娠、出産に対応した乳腺の変化に対して、30代から40代になるとその変化に対して痛みが症状として現れるということがいわれているようです。

乳腺は思春期から卵巣と共に発達していき、閉経までの間に排卵を境に卵胞期と黄体期が交互に現われ、毎回の生理時に子宮の変化と一緒に乳腺や入管も平常時より大きく拡張するそうで、特に授乳期や妊娠時に大きな変化が起こり、乳腺症はその変化を痛みとして感じるということのようです。
専門書の情報では、乳腺症のときに感じる、乳房のしこりのようなものは、腫瘍とは別のもののようですが、やはり自分の乳房しか例を知らない素人では腫瘍であるか、そうでないかの判断はできるはずがありません。

通説では、乳がんなどの腫瘍の場合は痛みが無く、痛みがある場合は乳腺症では?などといわれますが、やはり素人判断は危険ですので、また、専門以外のお医者さんでは乳腺症かどうかの判断に迷う場合があるなどと言うことを聞いたことがありますので、どうせ病院での診察を受けるのであれば専門の「乳腺科」のある病院で診断を受けたほうが安心であることはいうまでもありません
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
原因まとめさいと
原因のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。
URL 2008/02/23(Sat)12:01:51

スポンサードリンク

health info

健康的に痩せる方法を模索している人は多いと思います。巷にはたくさんのダイエット情報があふれていますが、急がば回れ!実際に痩せた人の運動に関する体験談から自分に合ったダイエット方法を見つけ出しましょう。

忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 乳腺症 症状 痛み 原因のリサーチ All Rights Reserved